キャリアプラン

看護師転職に有利な経験年数は?5年目以下が不利な理由とは?

新人から働いている病院を辞めて、転職しようかなって考えている看護師さんいませんか?

看護師
もう受け持ちできるし、看護技術は問題ないし、どこでもやってけるでしょ
職場の人間関係悪いし、こんなところで頑張っても疲れるだけだし。もっとほかのところなら楽にたくさん稼げるしね
看護師

こんな感じに考えて、転職をする人は多いと思います。

でも、あなたの経験年数は何年目ですか?

5年目以下の人が転職を考えているなら、少し待ってください。

なぜなら、5年目までの看護師は一人前と考えられていないからです。

看護師
いやいや、転職している先輩はいるし、面接すればどこでも受かりますから

と言葉が返ってきそうですが、問題はそこじゃありません。

5年目以下の看護師を受け入れる病院は、一人前の看護師を雇っているのではなく、看護師の補充を優先して、教育をやり直す前提で採用しているんです。

この記事では

  • 5年目以下が何で一人前の看護師として認められていないのか
  • 一人前の看護師に求められるものは何か

を紹介したいと思います。

この記事を読み終えると、看護師のキャリア形成を見つめなおすことができ、転職に有利な経験年数がわかります。

自己紹介

医療業界10年以上

看護師主任歴3年

ICU教育担当 主任会リーダー

院内教育担当(既卒、新卒)

看護部に一番近い主任

管理職目線での情報もあるので、ぜひ参考にしてください。

こんな方におすすめ

  • 看護師経験5年以下の看護師
  • 転職を考えている看護師
  • 一人前の看護師の基準を知りたい人
あわせて読む
自力で転職するオススメの方法を紹介!看護師転職サイトを使わないと大変

続きを見る

看護師転職に有利な経験年数は5年以上

5年かけてチームで看護をすること、医療に取り組むことを学びます。

病院は教育カリキュラムを持っていて、すべてを経験するには、どうがんばっても4〜5年はかかってしまいます。

これは、どの病院も共通認識なので、転職を受け入れるときの指標にします。

そのため、病院が求めている即戦力看護師は

5年間同じ病院で、教育と経験を積んだ6年目以上の看護師

になります。

6年目以上の看護師は、採用側からとても重宝されるため、転職する看護師有利で給料や待遇交渉がしやすくなります

一人前の看護師

一人前の看護師

なぜ、一人前の看護師は6年目からなのか。ここが重要になります。

一般的に看護師に求められるスキル

大きく分けて2つ

個人の技術

  • フィジカルアセスメント能力
  • 基礎看護技術
  • コミュニケーション能力

役割遂行能力

  • 教育
  • リーダー
  • 委員会活動
  • 看護研究

個人の技術

看護師として最低限求められる看護技術

ここは、3年くらい経験すれば、働いている病棟では困らない程度の能力が身に着けられます。

基礎看護技術ができるようになると、自分はできると考えるスタッフが多くなります。

役割遂行能力

組織として活動する能力のこと

病院は、委員会や後輩指導など、たくさんの役割があります。

この役割をこなせる人材が病院を支え、組織をよくしていきます。

看護師は病院・看護部単位の組織に所属するので、この能力はとても重要になります。

個人の技術が成熟し、役割遂行能力を身に着けた看護師が一人前の看護師と評価され、その目安となる経験年数が5年間になります

5年目看護師の経験値

キャリアアップをイメージした画像

病院で組まれているカリキュラムは以下の通りです。


  • 1年目

    新人教育の流れに沿い、ステップアップ


  • 2年目

    2年目の教育プログラムを受ける

    病棟では、一人で業務を任される


  • 3年目

    プリセプターとして、後輩指導に当たる


  • 4年目

    委員会に所属し、委員会の方針を病棟に伝える役割を担う


  • 5年目

    病棟のチームリーダーを任さる。目標を設定して、チームで取り組む

    チーム運営を担う


年代の違いはあるかもしれませんが、おおよそこのような経験を積みます。

1・2年目

2年間で一人前の看護師を育てることを売りにしている病院が当たり前

ヤマヒロ
私は毎年、合同就職説明会を手伝っていました
その中で、自分の病院や他の病院のパンフレットや説明に、変化を感じてきました
ヤマヒロ

そのなかで、教育体制の変化はめまぐるしいものがあります。

1年間で詰め込む教育方法を辞め、2年間ゆっくり育てよう!

ってのが最近では当たり前です。場所によっては3年間掛ける病院の出てきました。

私の病院も教育ラダーを取り入れたところで、公には2年間で育てることをうたっていますが、実際は3年くらいかけてしっかり育てるプランになっています。

新人教育に時間と力を注いでいる

3年目

プリセプターなど、後輩指導を任される年代

最近では、プリセプター制度を廃止している施設が増えていますが、制度を廃止しても何らかの形で3年目は新人の指導に携わります。

新人指導で学んでほしいこと

  • 教える難しさ
  • 伝える難しさ
  • 自分の知識の確認
  • 新人教育に関する情報を他スタッフに共有する方法

育てる難しさだけでなく、自分を振り返り、周りへの伝達などを学ぶことで、病棟での役割を少しづつ担っていく年代です。

4年目

委員会活動を通して、病院や看護部の方針を伝える役割を担う

また、委員会活動を通して、専門的な知識を深め、問題の把握や他スタッフへのアドバイスを行えるようになります。

専門的な知識を学ぶことはとても重要なことです。

経験してほしい委員会

  • 感染委員
  • 褥瘡委員
  • 教育委員
  • 医療安全

これらの委員会はどんな環境でも重要な知識になります。

ヤマヒロ
転職で有利になりますよ!

ここを学び、伝えることができるようになると一人前の看護師へあと一歩です。

5年目

チームリーダーとして目標を抱え、目標達成のためチームメンバーに役割を振り、結果を出す役割を担う

チーム活動がない施設でも、周りを動かす役割を担うことが多くなります。

学ぶべきこと

  • 人を動かすことの難しさ
  • コミュニケーションの難しさ

この時期にこの2つをしっかり学ぶことで、晴れて一人前の看護師(社会人)です。

なぜ5年間の経験が重要なのか

なぜ5年の経験が必要か

5年目の看護師の経験値で説明しましたが、5年間の成長内容をまとめると

1~3年目・・・個人の成長

4~5年目・・・組織人としての成長

になります。

若い看護師は、3年目を過ぎると個人の成長プロセスは終了しているので

ココがダメ

『何でもできる』

『できる看護師』

になったと勘違いをします。

ヤマヒロ
「看護師あるある」の、3年目から生意気になるのは、このためです。

4年目から、リーダーを任されるので、個人の成長から、組織としてどうあるべきかを学びます。

今までは、自分ができればよかったのですが、リーダーはチームをコントロールする役割があるので、自分だけ出来てもダメなことに気づかされます。

ここの成長が一番重要になります

なぜなら、看護師をしている以上、必ず組織の人間として働かなくてはならないからです。

リーダーを通して学ぶこと

  • チームとして取り組む大切さ
  • 組織の中で働くということ
  • 組織の役割を担う

役割遂行能力を身に着けることができて、初めて一人前になれるのです。

そして、病院や施設は、組織としての役割遂行能力のある人材を求めています。

結果、6年目以上の看護師を一人前の看護師として重宝するわけですね。

ヤマヒロ
『なんでもできると思っている』まま病院を辞めてしまうと、勘違いに気づくことができないまま、新しい環境に飛び込むことになるので、トラブルを抱えることがしばしばあります

なぜ5年目以下でも転職できるか

5年目以下の看護師でも就活できる理由は2つあります。

看護師をとにかく確保したい

教育をし直せばいい

看護師をとにかく確保したい

看護師は常に不足しているので、優秀な人材かどうか、一人前の看護師かどうかなど、あまり気にしていません。

働いた様子をみていないので、面接で見抜くのはなかなか困難です。

面接では、話したときのコミュニケーション能力のみが採用基準になっていると思ってください。

患者さんとトラブルにならなそうな人なら、とりあえず面接は合格します

再教育すればいい

教育体制を整えている病院は国からお金をもらっています。

逆に、教育体制さえつくればお金がもらえるので、教育体制のない病院はありません。

そのため、3年目くらいでやめてきた看護師でも、再教育することは簡単です。

成長度合いより、看護師の人数を優先するため、転職に影響は少ないんですね。

転職先の病棟でどう思われているのか

新しい職場ではどう見られているか

さて、一番の問題は、配属された先の管理者やスタッフがどう思っているかですよね。

とても雰囲気のいい私の病棟でさえ以下を確認しています。

転職先の先輩看護師が気にしていること

年齢

看護師経験年数

経験している病棟(主科)

医療機器の経験

委員会経験

年齢

年齢は単純に、同い年探しですね。みんな同年代の入職を待ち望んでいます。

経験病棟、医療機器の経験

経験している病棟は、自分たちの病棟との違いを確認しています。

医療機器の経験と合わせて

即戦力になるか

教育が必要ならどのレベルなのか

を考えています。

委員会経験

感染や医療安全、褥瘡委員会など経験していると、専門的な知識があると考えて期待値が上がります。

ちょっとレアですが、看護研究の経験ある人もかなり重宝されます。

文献検索や研究のまとめ、発表は誰もがやりたくないので、経験者が来てくれると嬉しいです。

教育委員の経験があると、前の病院でも頼られていた印象を受けます。

教育は、

  • 新人指導
  • 既卒者指導
  • 指導者の指導
  • 確実な基礎看護技術
  • 幅広い知識
  • 懐の深いコミュニケーション能力

が求められるからです。

指導経験のある人は、確実に即戦力になると思っています。

経験年数

さぁ、最後に重要な経験年数ですね。

ここまで読んでくれた方ならもうお気づきでしょう。

経験年数は単純に、

  • 年齢
  • 経験病棟
  • 医療機器経験
  • 委員会

の経験を表します。

5年にも満たない経験年数の看護師は、『ほとんど経験がない』看護師として受け入れられます

もちろん、悪いことではありません。

5年以下で転職する看護師はたくさんいますし、受け入れ側も慣れているので。

5年目以下の転職で注意が必要なこと

転職してはいけないのかというとそうではありません。

自分のやりたい分野に行きたい人もいれば、ブラックな病院で働いている人もいるでしょう。

ヤマヒロ
自分の身を削ってまでつらい環境で働く必要はありません!

大切なのは、

ココがポイント

  • 転職をする前に考えるべきこと
  • 転職後に注意するべきこと

これらを、知っておくことです。

そうすれば、転職後もギャップが少なく働くことができます。

経験年数が少なくても、条件のいい病院を探すのであれば、20代看護師を専門に支援している転職サイトを使うと有利です。

転職する前に考えるべきこと

これまで書いてきた通り、5年目までに学ぶことはたくさんあります。

ヤマヒロ
5年経過する前に辞めてしまうと学ぶべきことを学べず、中途半端な看護師になってしまうこともあります

新しい病院で、組織を学ぶこともいいと思いますが、新しい職場の上司があなたを把握するまで時間がかかります。

新しい環境になれる期間を考えると、1年くらい新人のような扱いを受ける覚悟は必要です。

早く一人前になって、自分なりの仕事をしたいなら、同じ病院に5年間所属し、積極的に委員会やチーム活動に取り組むことをお勧めします

転職先で気を付けること

転職先できをつけるべきこと

病院は5年目以下の看護師に対して

  • 組織としての役割を理解しているのか
  • リーダーシップを持っているのか
  • 指導ができるのか

を気にしています。

それに対し、看護師自身は

看護師
なんでもできます

と思っています。

ここに看護師と病院とでギャップが発生します。

このギャップに注意しなくてはいけません。

転職先で気を付けるべきこと

  • 自分は新人看護師だと言い聞かせる
  • 教えられたことはメモをとる
  • わからないことは聞く
  • わかっていることも、確認するために聞く
  • いくら知っていることでも、知識を見せびらかすことはしない
  • プライドは捨てる
  • 自分より年下のスタッフがいても、その環境では自分があとから入ってきているのだから、年下にもしっかり敬語を使う
  • 自分の知っているやり方と異なっても受け入れる
  • 「前の病院ではこうしてました」など言わない

以上の内容は絶対に必要なことです。

私はたくさんできます!こんなこともやっていました!など、アピールするのは絶対にやめましょう。

ココに注意

できる人は、アピールしなくても伝わります

アピールする人は必ず警戒されますし、冷たく扱われることもあります

まとめ

石の上にも3年といいますが、看護師の世界では『新人看護師に所属した病院に5年』です。

まとめて見ましょう。

5年目になる前に転職する看護師の心構え

  • 一般的に5年働いて一人前と認識されている
  • 5年間で経験するべきことがある
  • 5年以下で転職すると、転職先の病院でも教育を受けることになる
  • 5年以下は自信に満ち溢れているので発言や行動に注意する
  • 転職先では新人看護師と同じように過ごす必要がある

看護師として評価されるために必要な経験は、5年かかります。

そのため、転職して即戦力になると期待される年代は6年目以上の看護師です。

転職をすれば楽になることもありますが、やり直すこともたくさんあります。

転職をするなら、自分がどう思われているのか理解して転職しましょう!

  • この記事を書いた人

yamahiro

看護師ブロガー ICU8年、主任も経験。教育委員、主任会リーダー、新人教育担当。 転職して、今は訪問看護の世界へ。 看護師のキャリア形成を大切にしながら、プライベートも充実させたい。 看護師を全力で楽しむ方法を発信します。

-キャリアプラン

© 2021 わかばのあゆみ Powered by AFFINGER5